2010年5月16日日曜日

酒 たまねぎや











夕方、宿で待ち合わせして、これまた楽しみにしていた夕飯です

(道中、素敵な花屋さん発見! おもしろい入り口も発見!)

‘酒 たまねぎや ’さんであります。 (小説にもなったんですって~)

こちらも年に一度のお楽しみ! おやじさんがやたらおもしろくて

(見た目、強面なんですけれど・・・) お酒もこだわっていて

肴もうまいんですよ~! おしゃれなお店ではありませんが

ひとしきり政治の話やら、靖国の話で盛り上がり気がつけばべろべろ・・・

お腹もいっぱい、神楽坂のたまねぎ屋を出て宿へと向かいます。



何年か前、神楽坂の知り合いの家を探して、長いことやっていると思われる

すし屋に情報収集に行ったことがあるんですが

それはそれはびっくりするようなすし屋でありましたことを

思い出してしまいました・・・ (恐ろしかった~)

暖簾をくぐってしまったので、情報収集だけって訳にも行かず

お持ち帰りの折を頼んだのですが・・・

カウンターの奥で、‘チーン♪’ あれ? と思ったんですよ~

宿に帰ってから開けましたら・・・ いくらは歯が立たないほど硬く

まぐろは何だか何色? ってなくらい、あ~~~・・・やっぱり・・・

ご飯はレンジでチンだったんです・・・

口に一度入れたものは出さない主義だったのですが

さすがに・・・  そのときは‘ごめんなさい’してしまいました・・・

話の種に! まさしくそれでした。 

2 件のコメント:

あしなが さんのコメント...

馬で行ってみたい~
そんな時代に生きてみたい。。。
ほんとにMs.Chefは都民の私より東京の
旨いもの、いい店を知ってますね。
草履もステキ。たまねぎ屋、気になる。
神楽坂は居心地いい街ですよね。
でもそのお寿司屋さん。。。
それでいいのか?って言いたくなりますが
今もあるのでしょうか…

こわいこわい~

Ms Chef さんのコメント...

草履!すてきでしょ~?
たまねぎ屋はちょっと…
雰囲気はおしゃれとかでは…
おやじさんが結構堅物とい~ますか…
怖いもの見たさで行って見るんでしたら
おもしろいかもしれません。
女性ははっきりいって行かないかと思います。
(笑)
お寿司屋さん! ありました!
あっ! まだあった! って感じ。
やる気なんかぜんぜんありませんね!
断言できます! あごに伝わるいくらの感じ
忘れられません… すごかった~

時々、東京は遊びに行きたいんです。
刺激になって、あ~こんなんなら
那須でやってもうけるかも! とか
小物は欲しい物が見つかるし。
でも、すぐに帰りたくなっちゃうんです。
人混みが苦しくなっちゃって(笑)
空気が薄いんですよ~(笑)
田舎者はだめですね…